日本語 English

第4回アジア・太平洋登山医学会 | 第37回日本登山医学会 合同学術集会

プログラム

日程表
プログラム詳細

アジア・太平洋登山医学会役員会

13:00 - 14:30
ホテルブエナビスタ 1 階「フローレス」

日本登山医学会現理事会

15:00 - 16:00
ホテルブエナビスタ 1 階「フローレス」

日本登山医学会社員総会

16:00 - 17:30
ホテルブエナビスタ 3 階「グランデ」

日本登山医学会新理事会

17:30 - 18:30
ホテルブエナビスタ 1 階「フローレス」


* ホテルブエナビスタのアクセス情報は こちら をご覧ください。

開会式

8:20 - 8:30
第1会場「中ホール」

Presidential Lecture(会長講演) 【英語】

8:30 - 9:00
第1会場「中ホール」

Chairperson:
Toshio Kobayashi (Kakeyu Rehabilitation Center, Ueda, Japan)

High-altitude Pulmonary Edema in Japan

Masayuki Hanaoka
(Shinshu University School of Medicine, Matsumoto, Japan)

一般演題 【英語】

  9:05 - 11:30
第3会場「第2会議室」

10:45 - 11:30
第2会場「国際会議室」

一般演題 【日本語】

9:05 - 10:35
第1会場「中ホール」・第2会場「国際会議室」

ランチョンセミナー 1 【日本語】

12:00 - 13:00
第1会場「中ホール」

座長: 齋藤    繁 (群馬大学大学院医学系研究科 麻酔神経科学)

登山における脱水について

大城  和恵 (社会医療法人孝仁会北海道大野記念病院)

ランチョンセミナー 2 【日本語】

12:00 - 13:00
第2会場「国際会議室」

座長: 花岡  正幸 (信州大学学術研究院医学系医学部内科学第一教室)

最難関呼吸器病に挑む!特発性肺線維症(IPF)診療の新展開 - IPFの治療ガイドライン2017 を中心に-

坂東  政司 (自治医科大学呼吸器内科)

Symposium I 【英語】

13:10 - 15:15
第1会場「中ホール」

Molecular and Genetic Aspects of High-altitude Adaptation

Chairperson:
Keishi Kubo (Nagano Prefectural Hospital Organization, Nagano, Japan)
Kiyohito Okumiya (Kyoto University, Kyoto, Japan)

    13:10 - 13:35

  1. Strikingly Different Phenotypes among Hight-altitude Natives
  2. Cynthia M Beall
    (Case Western Reserve University, Cleveland, USA)

    13:35 - 14:00

  3. The Genetic Basis of Tibetan Adaptation to High Altitude
  4. Rili Ge
    (Research Center for High Altitude Medicine, Qinghai University, Xining, China)

    14:00 - 14:25

  5. Genomics and Epigenetics Influences on the Physiological Functions under Hypobaric Hypoxia
  6. Qadar Pasha
    (CSIR-Institute of Genomics and Integrative Biology, Delhi, India)

    14:25 - 14:50

  7. Genetic Evidences for High-altitude Pulmonary Edema in Japanese Climbers
  8. Nobumitsu Kobayashi
    (Shinshu University School of Medicine, Matsumoto, Japan)

    14:50 - 15:15

  9. Discussion

Symposium II 【英語】

15:30 - 18:00
第1会場「中ホール」

Mountain Emergency Medicine: Mountain Rescue

Chairperson:
Shigeru Saito (Gunma University, Maebashi, Japan)
Hisashi Usuki (Kagawa University, Kita, Japan)

    15:30 - 15:55

  1. Can Mountain Emergency Medicine Save Life? Why Are Knowledge of Guidelines and Skills Essential for Emergency Physicians in the Mountains?
  2. Fidel Elsensohn
    (International Commission for Mountain Emergency Medicine(ICAR MEDCOM), Roethis, Austria)

    15:55 - 16:20

  3. Medical Emergencies in Local People in the Himalayas
  4. Buddha Basnyat
    (The Oxford University Clinical Research Unit-Nepal, Kathmandu, Nepal)

    16:20 - 16:45

  5. Causes of Death in Mountain Rescue Casualties in 2011-2015, Japan ~ Interim Report
  6. Kazue Ohshiro
    (Hokkaido Ohno Memorial Hospital, Sapporo, Japan)

    16:45 - 17:10

  7. Cold injuries: Accidental Hypothermia and Avalanche Accident
  8. Hermann Brugger
    (EURAC Institute of Mountain Emergency, Bolzano, Italy)

    17:10 - 17:35

  9. Experience of Nagano Prefectural Kiso Hospital in the Volcanic Eruption Disaster of Mt. Ontake
  10. Atsushi Inoue
    (Nagano Prefecture Kiso Hospital, Kiso, Japan)

    17:35 - 18:00

  11. Discussion


18:00 - 19:00
懇親会場へ移動

* 懇親会場へはシャトルバスをご利用ください。バス時刻表は こちら 。

懇親会

19:00 –
懇親会 (ホテル ブエナビスタ)

* 懇親会場では参加証をご着用ください。

Symposium III 【日本語】

9:00 - 11:15
第1会場「中ホール」

スポーツクライミングを支える医科学

座長:梶谷     博 (いちいクリニック)
         中島  隆之 (盛岡友愛病院 外科)

9:00 - 9:20

1. スポーツクライミングと登山

       尾形  好雄 (公益社団法人 日本山岳・スポーツクライミング協会)

9:20 - 9:45

2. アスリートへの科学的アプローチ

       川原     貴 (元国立スポーツ科学センター長)

9:45 - 10:05

3. 障がい者スポーツを支える医科学

       飛松  好子 (国立障害者リハビリテーションセンター)

10:05 - 10:30

4. 競技力向上のための科学的アプローチとその課題

       西谷  善子 (明治大学)

10:30 - 11:00

5. スポーツクライミングの医学的問題

       六角  智之 (千葉市立青葉病院)

11:00 - 11:15

6. ディスカッション

一般演題 【英語】

8:50 - 11:24
Room2(International Confence Room),
Room3(Meeting Room2),
Room4(Meeting Room1)

Special Lecture(特別講演) 【英語】

11:40 - 12:40
第1会場「中ホール」

High-altitude Training

Chairperson: Masaaki Natsui (Jiyugakuen, Tokyo, Japan)
                   Katsumi Asano(Mount Fuji Research Station, Tsukuba,
                   Japan)

    11:40 - 12:10

  1. Intermittent Hypoxia Training in Sport Practice: A Matter of Dose
  2. Tetiana Serebrovska
    (Bogomoletz Institute of Physiology, Ukrainian Academy of Sciences, Kiev, Ukraine)

    12:10 - 12:40

  3. A Practical Methodology of High Altitude Training for Athletes -Living Low and Training Low + Training High
  4. Masayoshi Yamamoto
    (National Institute of Fitness and Sports in Kanoya, Kanoya, Japan)

閉会式・表彰

12:40 - 13:00
第1会場「中ホール」

市民公開講座 【日本語】

14:00 - 16:00
第1会場「中ホール」

座長:花岡  正幸 (信州大学学術研究院医学系医学部内科学第一教室)
         片井みゆき (東京女子医科大学総合診療科/(仮称)女性科)

女性と登山

「私にとっての山」

14:00-14:15     小松  由佳 (フォトグラファー)
14:15-14:30     髙木  律子 (日本山岳ガイド協会)
14:30-14:45     小川さゆり (南信州山岳ガイド協会)
14:45-15:00     高濱  充貴 (長野県佐久市国保浅間総合病院)
15:00-16:00     ディスカッション

事前予約は不要です。
当日13:00より受付を開始いたします。直接会場へお越しください。
詳細はこちらをご覧ください。

Page Top